各種加工について

大阪試作版金プレス加工のココックのホームページをご閲覧頂き誠にありがとうございます。

当ページは各種機械加工などを紹介させて頂いております。

マシニング加工

マシニング加工とは、マシニングセンターという加工機を使用し金属、樹脂などを切削する加工技術です。
マシニング加工はNCプログラムによりコンピューター制御で対象物を切削します。
主軸にエンドミルなどの刃物取り付け、高速回転にて素材を切削する工作機械です。

マシニングセンターはNCプログラムによるコンピューター制御(数値制御)により、自動で加工、工具交換(ATC)などを行えます。
切削加工のみではなく、穴あけ加工、タップ加工など様々な加工が行えます。
CAD/CAMによるNCプログラムを作成し、様々な3D曲面の加工も可能です。

マシニングセンターは、高速回転、3軸加工マシニングセンター、5軸加工マシニングセンター、など様々な加工機が存在しております。

放電加工

放電加工とは、電極と被加工物との間に電圧を掛けて放電させてスパークする事により被加工物表面の一部を除去していく加工方法です。

放電加工は、電極と被加工物との間に繰り返されるスパークによって被加工物の形状を形成していく加工技術です。
フライスやマシニング加工のような切削加工では困難な形状、及び焼入れ材など硬い金属材料などに放電加工を用いられます。
NC装置により精密にコントロールすることで精度良く加工できます。

電極は銅、グラファイト、銅タングステンなどを使われます。

放電加工は電気を通すものであれば非常に硬い金属の材質でも加工が可能で精密に加工が可能な為、金型の製作や、部品の加工など様々な分野で活躍する加工技術です。

  • 形堀放電加工
  • ワイヤー放電加工
  • 細穴放電加工

ワイヤーカット放電加工

ワイヤーカット放電加工とは、細い黄銅製(真鍮製)のワイヤ線を電極として被加工物とワイヤー線の間を放電スパークし加工していく加工技術です。
加工機からワイヤー線を送り出し、加工ラインに沿って走行して行き加工します。
ワイヤー線は直径Φ0.05mmからΦ0.3mm程度の径のものが使用されています。

レーザー加工

レーザー加工とは、レーザー光の照射による非接触加工になります。
レーザー光線を一点に集光させ高密度エネルギーを利用して、 鉄、アルミ、銅などの金属材料の被加工物を融解・気化して穴あけ、切断などの加工を行う加工技術です。

プレス加工

金型を用い、パンチ、ダイにて金属材料に圧力を加えて抜き加工、曲げ加工、絞り加工など、金属材料を塑性させて製品形状を形成する加工方法です。

ベンダー加工・ブレーキプレス

ベンダー加工とは、ベンダー加工機(ブレーキプレスとも呼ばれる)で金属の板を曲げる加工方法で、プレス加工の加工技術の一つになります。

ベンダー加工機にパンチとダイの金型をセットし、ワークを金型のパンチとダイで挟み込み、圧力を加えて、曲げ加工を行い、求める角度、形状を形成します。

サーボベンダー

当社では高精度な加工が可能なサーボベンダーを10台保有しております。
油圧式ベンダーと比較して、精度が高く、繊細な制御が可能、ばらつきがありません。
精密板金、高精度の製品をお客様に提供するためサーボベンダーを採用しております。