板金・プレス各種加工について

大阪試作板金・金属プレスのココックホームページにご訪問頂きありがとうございます。
当ページは板金・プレス各種加工について紹介させて頂いております。

板金・プレスの加工方法は様々有り、せん断加工、曲げ加工、絞り加工、成形加工などがあります。
製品材質・製品形状に応じてそれぞれの加工方法を用い製品を形成します。

せん断加工

せん断加工とは、金型であるパンチとダイに被加工物を挟み込み、押し付けられ、パンチとダイによって逆方向に力が働きせん断力が作用し素材を分離します。

切り口は、ダレ・せん断面・破断面・バリが現れます。
被加工材の材質、金型(パンチ・ダイ)の精度、加工方法、加工速度などにより状態が変化します。

せん断加工の種類は様々あり、打ち抜き加工(ブランク加工)、穴あけ加工(ピアス)、切り欠き加工、縁取り加工(トリミング)、切り込み加工(スリット)、切断加工(カッティング)などがあります。

打ち抜き加工(ブランク加工)

金属板から必要な製品に応じた形状に打ち抜くせん断加工。
板金・プレス加工製品の輪郭形状を作る加工。

穴あけ加工(ピアス)

被加工素材に穴状または閉じた形状の全周を抜くせん断加工です。
抜かれた部分はスクラップとなるので、スクラップの適切な排出が大事になります。

切り欠き加工

金属材料の外側から開いた形状を一部抜くせん断加工
打ち抜き加工と同様の加工になります。
抜かれた部分はスクラップとなるので、スクラップの適切な排出が大事になります。

縁取り加工(トリミング)

成形品の縁、周囲を切り取るを抜き、形状を整えるせん断加工です。
絞り加工などにおいて発生する余肉などをカットするせん断加工。
抜かれた部分はスクラップとなるので、スクラップの適切な排出が大切になります。

切り込み加工(スリット)

素材から一部を切断せずに打ち抜き、形状を引き起こすせん断加工。

切断加工(カッティング)

スクラップを発生させず一対の切刃で切断、分割するせん断加工。

曲げ加工

曲げ加工とは金型(パンチ・ダイ)を使用し金属材料をプレスし曲げ形状を形成する加工方法です。

曲げ加工は様々あり、V曲げ加工・L曲げ加工・U曲げ加工・Z曲げ加工・O曲げ加工・P曲げ加工・ねじり加工などがあります。